リハビリプログラマ@貧脚クライマー

自転車大好きだけど一旦休業中。プログラマとしてリハビリ中

リハビリ@1日目

f:id:emyls:20161129083524j:plain

社会復帰に向けて感覚を取り戻す。

 

ようやく椅子にも座れるようになったのでパソコンで書いてます。

ブログをスマホではなくパソコンから書くのなんて数年ぶり(笑)

 

今年の失敗を振り返り

失敗ばかりだった今年のやりかたを振り返る

  • 既存システムの構造が複雑(拡張化できるように作られてなく継ぎ足し方式)
  • 同一システム内に複数のプログラム言語、DBMSが使用されている
  • 既存システム構造を理解している経験者がいない
  • 設計書が機能していない
  • 既存の試験仕様書等が試験項目不足

 

設計書が機能していない

自分が設計書とは何をどう書けばいいかをまだ理解していない。

 

SIerがよく言う

誰が書いても同じソースコードになるように、詳細な実装方法の記述された設計書を書かなければならない

このレベルまで落とし込んだ場合、もう実装しているのと変わらない気がする。

それをわざわざ設計書にするとか時間の無駄だと思う。

 

振る舞いさえ同じであれば実装方法は各プログラマの裁量でいいんじゃないかな。

そのレベルの設計書をまず書けるところから始めよう。